« 自分の気持ち鳥インフル 台湾で初の感染者 »

「笹子型」トンネル、打音検査では劣化見抜けず

「笹子型」トンネル、打音検査では劣化見抜けず

パーマリンク 2013/05/06 10:28:32 著者: xx メール
カテゴリ: x, ニュース

中央自動車道・笹子トンネルで起きた天井板の崩落事故で問題となったアンカーボルトの接着具合について、国が定める「打音検査」と呼ばれる従来の手法では、安全確認が十分できないことが国土交通省の調査でわかった。

ま、こういうのは未知の部分が多いだろうからね・・・
少しずつ、簡単に、そして確実にわかる手法を確立して欲しいものだわ。

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年2月
 << <   > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

X=未知 適当に色々書いたりします・・・

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution